フェアレディZ(FAIRLADY Z)マイナーチェンジ!【Z34マイチェン@2012.07.10】


フェアレディZ(FAIRLADY Z)&フェアレディZ ロードスター(FAIRLADY Z ROADSTER)がマイナーチェンジ。
マイチェンフェアレディZ(FAIRLADY Z)のすべて(評価値引きインプレ納車etc)が知りたい!
マイチェンフェアレディZ(ロードスター(FAIRLADY Z ROADSTER)の実力は如何に。。。


でもその前にポチッと【ランキング】チェック!応援よろしくです♪


Z34-1.jpg Z34-2.jpg

現行のZ34フェアレディZといえば、クーペは2008年に12月、ロードスターは2009年10月に日本デビューした日本を代表する伝統的なスポーツカーですね。
そのフェアレディZ(FAIRLADY Z)がマイナーチェンジし、7月18日より全国一斉に発売します。

クーペ、ロードスターともにこのマイチェンでLEDデイライト、新デザインのフロントバンパーが採用され低さとワイド感を強調してスタイリッシュにイメチェンしました。
バンパーのデザインはZ33当時のスッキリとしたイメージに先祖返りしましたね。

走りに関する部分も手が加えられ、ユーロチューンドサスペンションや耐フェード性能を向上させたブレーキパッドの採用により走りの性能もアップしているとのこと。

マイナーチェンジによって魅力が増したZ34フェアレディZ。皆さんの評価は?

新型NV350キャラバン発売!【日産NV350CARAVAN@2012.6.15】


新型NV350キャラバン(NV350 CARANAV)が発売されました!
新型NV350キャラバン(NV350 CARANAV)のすべて(評価値引きインプレ納車etc)が知りたい!
新型NV350キャラバン(NV350 CARANAV)の実力は如何に。。。


でもその前にポチッと【ランキング】チェック!応援よろしくです♪


NV350-1.jpg NV350-2.jpg

1973年の初代誕生以来、5代目となる日産NV350キャラバン(CARAVAN)発売されましたね!
じつに11年ぶりのフルモデルチェンジとなる日産NV350キャラバン(CARAVAN)ですが、コンセプトモデルと大きく変わることなく登場したね。
従来までのの商用車然とした野暮ったいデザインから変身。
これは素直にかっこいいと思いますよ。

なんといっても存在感のあるデザイン、広くて使い勝手の良い荷室空間を目指して開発したのは言うに及ばず、搭載されるエンジンについてもガソリン、ディーゼル共にクラストップレベルの低燃費性を実現したそうです。
ちなみにガソリンが2000ccと2500cc、ディーゼルが2500ccです。
『NV350』ってことで排気量が3500ccかな?って思ったんですが違いますね(^^;

さらにNV350キャラバンは日本を皮切りにグローバル展開されるようです。
ディーゼルエンジン搭載モデルとスーパーロングボディについては2012年7月13日に発売。
2012年冬頃には、ワイドバージョン車の投入も予定されているそうです。

今まではライバルであるハイエースの後塵を拝してきましたが、コイツなら十分に太刀打ちできそうですね。
カッコ良く生まれ変わったNV350キャラバンの皆さんの評価は?

ライダーパフォーマンススペック登場!【エルグランド&セレナ@オーテックバージョン】


オーテックバージョンのエルグランドとセレナに「ライダーパフォーマンススペック」が登場!
ライダーパフォーマンススペックの実力は如何に。。。
ライダーパフォーマンススペックのすべて(評価値引きインプレ納車etc)が知りたい!


でもその前にポチッと【ランキング】チェック!応援よろしくです♪


elgranderiderhispec.jpg serenariderhispec_0.jpg

エルグランドとセレナのオーテックバージョンに「ライダーパフォーマンススペック」が発売されました!
セレナ「ライダーパフォーマンススペック」には17インチ、エルグランド「ライダー ハイパフォーマンススペック」には19インチの高性能タイヤや専用チューンドサスペンションが奢られ足廻りの性能向上を図ることにより、スポーティで安定感の高いハンドリングと、引き締まったフラットな乗り心地を高次元で融合させているそうです。専用デザインの大径アルミホイールやエンブレムの装備でエクステリアにも特別感をもたせていますね。
さらに、エルグランド「ライダーハイパフォーマンススペック」では、排気系とコンピュータのチューンにより、エンジン出力を20psアップの300PSとしているのがトピックです。。。
エルグランド&セレナ「ライダーパフォーマンススペック」皆さんの評価は?

新型セレナ(SERENA)のすべて【フルモデルチェンジ評価@2010.11.18発売】


日産セレナ(SERENA)がフルモデルチェンジ!
日産セレナ(SERENA)の実力は如何に。。。
日産セレナ(SERENA)のすべて(評価値引きインプレ納車etc)が知りたい!


でもその前にポチッと【ランキング】チェック!応援よろしくです♪


20101104_serena1.jpg 20101108_serena2.jpg

2010年11月29日、日産の稼ぎ頭セレナ(SERENA)をフルモデルチェンジして発売されます。
セレナ(SERENA)といえば1991年に初代が誕生、2007年から2009年までは3年間連続でミニバン販売台数No1を達成するなど日産を代表するミニバンとなっていますね!

4代目となる新型セレナ(SERENA)はひと目でセレナと分かるスタイリングに室内空間の広さと使い勝手の良さが追求されるとともに、アイドリングストップシステムの搭載により、クラストップレベルの低燃費15.4 km/Lを実現しています。

なんといっても注目なのは新採用となるアイドリングストップシステム。
ECOモーター式と呼ばれるシステムを採用。減速時の回生充電機能を持っているオルタネーターに、アイドリングストップからのエンジン再始動機能を加えたこのシステムは、再始動の早さと静かさが特徴で、自然な運転感覚と快適な室内空間に貢献するそうです。

パッと見はキープコンセプトですが、中身は大きく進化していますね!
新型セレナ(SERENA)皆さんの評価は?

ジューク(JUKE)ターボのすべて【JUKE16GT@MR16DDT評価】


ジューク(JUKE)ターボ16GTが登場!
JUKEターボの実力は如何に。。。
ジュークターボ16GTのすべて(評価値引きインプレ納車etc)が知りたい!


でもその前にポチッと【ランキング】チェック!応援よろしくです♪


JUKE16GT.jpg MR16DDT.jpg

ジューク(JUKE)に新開発ターボエンジン搭載の新グレード「16GT」と「16GT FOUR」が追加され発売されました!

ジューク(JUKE)といえば2010年6月9日の発売以来、その大胆で存在感のあるデザインや、優れた走行性能と環境性能、手ごろな価格設定などにより、幅広い層のユーザーから高い評価を得ているコンパクトSUVですね!

そのジューク(JUKE)の本命ともいえるターボモデルが発売となりました。
なんといっても注目なのはエンジン。
新開発の1.6リッターターボユニット「MR16DDT」ですね。
直噴式燃料噴射システム、小型ターボ、吸排気の両方に採用される可変バルブタイミング(CVTC)機構などの採用により燃焼効率を向上。

スペックは最高出力190ps/5600rpm、最大トルク24.5kg-m/2000〜5200rpmというハイスペックを実現させています。
ジューク(JUKE)ターボ「16GT」と「16GT FOUR」がどんな走りをするのか楽しみです。
「JUKE16GT」皆さんの評価は?

フーガハイブリッドのすべて【2010.10.26@フーガHVデビュー】


日産フーガハイブリッドが登場しました!
日産入魂のフーガハイブリッドの実力は如何に。。。
フーガハイブリッドのすべて(評価値引きインプレ納車etc)が知りたい!


でもその前にポチッと【ランキング】チェック!応援よろしくです♪


20101026_fugaHV.jpg 20101026_fugaHV-2.jpg

日産独自のHVシステムを搭載したフーガハイブリッドが登場ですねひらめき
フーガハイブリッドは素フーガのデビュー当時から予告されていたので正直やっと出たかって感じです。。。たらーっ(汗)発売日は2010年11月2日。

気になる日産車初の量産ハイブリッドシステムは独自開発の1モーター2クラッチ方式のハイブリッドシステム“インテリジェント デュアル クラッチ コントロール”が採用され、注目の燃費は19.0km/L(10・15モード)というコンパクトカー並みの低燃費を達成しているそうです。

ライバルはクラウンハイブリッドとレクサスGS450hですね。
個人的には標準のフーガとの見分けがホイールとエンブレムだけとごく僅かなのが残念な気がしますが、3.5L“VQ35HR”とハイブリッドシステムの組み合わせは魅力的です手(チョキ)
満を持して登場した日産の自信作「フーガハイブリッド」みなさんの評価は?

新型マーチのすべて【新型マーチの評価は!?@2010.7.13】


マーチがフルモデルチェンジ!
フルモデルチェンジしたマーチの実力は如何に。。。
新型マーチのすべて(評価値引きインプレ納車etc)が知りたい!


でもその前にポチッと【ランキング】チェック!応援よろしくです♪


20100713march-1.jpg 20100713march-2.jpg

日本を代表するコンパクトカーの日産マーチがフルモデルチェンジしました!

なんと今度のマーチはタイ製になるってことで注目を集めていますね。

そして量販グレードでは100万円を切るプライスタグがつけられています。

丸いヘッドランプやアーチを描くサイドウインドウなど、ひと目でマーチと分かる外観は安っぽさは感じられませんね。

まあこの価格が本当に安いのかはこれからの各方面の評価を待ちましょう♪

◎関連情報URL◎
http://www.carview.co.jp/news/0/130787/

激戦区のコンパクトカー市場に登場した今年最大の目玉車種!?
新型マーチ、皆さんの評価は?

V36スカイライン・セダン マイチェンのすべて【V36マイチェン評価@2010.1.6】


V36スカイライン・セダンがマイナーチェンジ!
マイチェンV36スカイラインの実力は如何に。。。
新型スカイラインのすべて(評価値引きインプレ納車etc)が知りたい!


でもその前にポチッと【ランキング】チェック!応援よろしくです♪


今回のV36スカイライン・セダンのマイチェン内容は内外装のデザインが変更が中心ですね。
ひと目見てイカツイ顔になったマイチェン>V36スカイライン・セダンは同じエンジンを搭載するフーガとの棲み分けも上手くいきそうですね。

内外装の変更のほかに2.5LのFRモデルが7速ATの搭載により全車エコカー減税対象車になったのもトピックスです!
V36スカイライン・クーペは現行モデルのデザインがそのまま継承され、内装のクオリティアップが中心となっていますね(^^)v
◎関連情報URL◎
http://www.carview.co.jp/news/0/120491/
http://www.carview.co.jp/news/0/120484/
マイチェンしたV36スカイライン・セダン皆さんの評価は?

スカイライン・クロスオーバーデビュー!【SKYLINE-SUV@クロスオーバーのすべて】


スカイライン・クロスオーバーが国内デビューしました!
セダン・クーペに続く第三のスカイラインの実力は如何に。。。
SKYLINEクロスオーバーのすべて(評価値引きインプレ納車etc)が知りたい!


でもその前にポチッと【ランキング】チェック!応援よろしくです♪


skyline_SUV.jpgskyline_SUV2.jpg

スカイラインシリーズ、セダン、クーペに続く第三のスカイライン『スカイライン・クロスオーバー』が、2009年7月13日いよいよ日本国内デビューしましたね♪

北米、欧州ではインフィニティブランドでEX35とEX37として発売されていましたが、ついに・・・というか、やっとこさ日本国内に上陸しました。

スカイラインSUVといっていいスカイライン・クロスオーバーですが、全高は1580mmと低く抑えられていますね。
じつはホイールベースはセダンよりも50mmそうで実物は意外とコンパクト?に感じます。

インテリアは『スカイラインの中でもっともラグジュアリーなものを目指した』と言うだけあって豪華で質感が高いですね。

◎関連情報URL◎
http://blog.nissan.co.jp/SKYLINE/archives/2009/07/pickup.html http://www.carview.co.jp/news/0/111474/
http://www.carview.co.jp/news/0/111487/

『スカイライン・クロスオーバー』皆さんの評価は?

NV200バネットのすべて!【新型商用1BOXデビュー@NV200バネット評価】


ジュネーブショーで公開された「NV200」が5月中旬に「NV200バネット」として発売されることになりましたね!

NV200バネットのすべて(評価値引きインプレ納車etc)が知りたい!


でもその前にポチッと【ランキング】チェック!応援よろしくです♪


NV200-1.jpg NV200-2.jpg

NV200バネットの「N」は“New generation(ニュージェネレーション:新世代)”「V」が“Vehicle(ビークル:乗り物)”「200」は車格を表し、「バネット」の伝統を受け継ぎつつ、これからのビジネスの自信と誇りになる新世代LCVという意味を込められているそうです。

NV200バネットはセレナとほぼ同じ5ナンバーサイズで全長を縮めて取り回しを向上。
最大の特徴は商用車っぽく見えないエクステリアデザインと、スクエアボディがもたらす空間自由度の広さですね。さらに低床フロアの採用により室内は広々のようです。
ワゴン(5ナンバー)とバン(4ナンバー)の2タイプが設定され、ビジネスユースからレジャーユースまで幅広いユーザーの獲得を狙っています。

NV200バネットに搭載されるエンジンは「HR16DE」とのことですが、噂のターボエンジン「HR16DET」の搭載はあるのでしょうか?
日本で5月中旬に発売後、海外市場への投入も予定されているそうですね。

◎関連情報URL◎
http://www.carview.co.jp/news/0/108419/
http://www.carview.co.jp/news/0/105891/
http://www.carview.co.jp/news/0/105832/

商用1BOXではハイエースが大人気で独り勝ち状態(^^;
日産はNV200バネットの投入により一矢を報いることができるのか?
NV200バネット」皆さんの評価は?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。