ASIMO(アシモ)10歳の誕生日!【2010.10.31@ASIMO誕生日】

ホンダの二足歩行ロボット「ASIMO」(アシモ)君が10歳の誕生日を迎えました!
ASIMO(アシモ)のすべて(評価値引きインプレ納車etc)が知りたい!


でもその前にポチッと【ランキング】チェック!応援よろしくです♪




ASIMO(アシモ)の誕生日は2000年10月31日(知らなかった〜あせあせ(飛び散る汗))

じつはホンダはASIMO(アシモ)の誕生からさらに遡る事1986年、自律歩行人間型ロボットの研究開発をスタートさせていたのですね。
1996年にプロトタイプの「P2」、翌年1997年には「P3」が披露されました。

そして2000年にはP3の進化・発展バージョンとしてASIMO(アシモ)が誕生、初めて二足歩行に成功したのが2000年10月31日だったそうです。

ASIMO(アシモ)君ってまだ10歳だったんですね!
これからの成長に期待です♪

シビックタイプRユーロのすべて【限定販売@CIVIC TYPE-R EURO評価】


ホンダ・シビックタイプRユーロが限定発売で今年も登場!
2010年モデルのCIVICTYPE-R EUROの実力は如何に。。。
ホンダ・シビックTYPE-R EUROのすべて(評価値引きインプレ納車etc)が知りたい!


でもその前にポチッと【ランキング】チェック!応援よろしくです♪


20101028_type-reuro2.jpg 20101028_type-reuro.jpg

シビックタイプRユーロの2010年モデルが1500台限定で発売した。
2010年モデルは主に質感の向上に重点が置かれているようですね。

ブラック塗装のフロントメッシュグリルをはじめ、ダーククロームメッキ加飾を施したフロントグリルフレーム、アウタードアハンドル、フューエルリッドが採用されています。その他ではボディカラーに新色のクリスタルブラックパールが追加され、全3色から選択可能となっています。
シリアルプレートが2010年モデル専用品に変更され、オーナーの所有欲を刺激する演出がされていますね!

国内モデルでは4ドアシビックタイプR(CIVIC TYPE-R)はおろか、すべてのモデルからTYPE-R自体が消えてしまいました。
唯一の「TYPE-R」シビックタイプRユーロでホンダスピリットを感じたいです!
「シビックTYPE-R EURO」皆さんの評価は?

新型ステップワゴン(STEPWGN)のすべて!【フルモデルチェンジ09.10.09@新型ステップワゴン評価】


ステップワゴン(STPWGN)がフルモデルチェンジしました!
ホンダ入魂の売れ筋ミニバン新型ステップワゴンの実力は如何に。。。
新型ステップワゴンのすべて(評価値引きインプレ納車etc)が知りたい!


でもその前にポチッと【ランキング】チェック!応援よろしくです♪


stepwgn0910091.jpg stepwgn091009.jpg

ステップワゴン(STEPWGN)がフルモデルチェンジしましたね。
4代目に進化したステップワゴン(STEPWGN)はパッと見、先代に比べシンプルな印象になりました。

新型ステップワゴンは「原点回帰」を目指したようです。
初代&2代目のシンプルで使い勝手のよさを目指したようですね。

グレード体系は「標準タイプ」とスポーティな「スパーダ」の2タイプ(^^)/
エンジンは2リッター直4の1タイプのみとなりました。
新型ステップワゴンは広々とした室内空間が自慢のようです♪

◎関連情報URL◎
http://www.carview.co.jp/news/0/115946/

新型ステップワゴン(STEPWGN)皆さんの評価は?

ストリーム・マイナーチェンジ情報【マイチェン@ストリーム評価】


ストリームがマイナーチェンジしました!
ホンダの走れるミニバン、マイチェンストリームの実力は如何に。。。
マイチェンストリームのすべて(評価値引きインプレ納車etc)が知りたい!


でもその前にポチッと【ランキング】チェック!応援よろしくです♪


ホンダ・ストリームが2009年6月18日にマイナーチェンジしましたね!
現行モデルの発売以来2年が経過したストリームですが、今回のマイナーチェンジ最大のトピックは5人乗り仕様の「RST」が投入されたことですね。

ストリーム「RST」はシリーズ中で最もスポーティなモデルとなります。
3列モデルのみのトヨタ・ウィッシュに対してのアピールポイントです。シリーズ全体としては前後バンパーやグリルが新デザインとなり、スポーティグレードのRSZではリアコンビネーションランプや専用17インチホイール、ヘッドライト内のダーククロームメッキ、フォグランプなどが新デザインへ。RSZとRSTはドアミラーウインカーも装備。インテリアは質感の向上が図られいるそうです。

足回りも前後サスペンションの熟成などにより走りのミニバンに磨きがかかっていることでしょうね♪

◎関連情報URL◎
http://www.carview.co.jp/news/0/110131/

フルモデルチェンジして自滅した(個人的意見)ウィッシュに対して、さらにオリジナリティが極まった感があるストリーム。
マイナーチェンジしたストリーム皆さんの評価は?

新型インサイトのすべて【フルモデルチェンジ@新型インサイト評価】


新型インサイトが2009年2月5日正式デビューです!

新型インサイトのすべて(評価値引きインプレ納車etc)が知りたい!

でもその前にポチッと【ランキング】チェック!応援よろしくです♪


insight200902052.jpg insight20090205.jpg

新型インサイトはホンダにとって社運を賭けたモデルといっていいでしょう。

189万円からという価格はライバルのプリウスを見据えたもの。

「新時代コンパクトスタンダード」をコンセプトに「優れた環境性能」「高効率で

使いやすいパッケージ」「軽快で気持ちの良い走り」を「お求めやすい価格で

提供すること」を目指して開発されたそうです。

ホンダ自慢のハイブリッドシステム1.3Lの「i-VTEC」+「IMA」によって、

注目の燃費性能はJC08モード走行で26.0km/L、10・15モード走行で30km/L

を達成(G、Lタイプ)していますね。

インサイトは面白い装備として、実用燃費を支援するシステム「エコアシスト」

が全タイプに標準装備されています。

ゲーム感覚でエコドライブが楽しめそうですね。

カタログ数値上ではプリウスに負けていますが実燃費で勝負ってとこでしょう!

◎関連情報URL◎
http://www.carview.co.jp/news/0/102660/
http://www.carview.co.jp/news/0/102659/
http://www.carview.co.jp/news/0/102653/
http://www.carview.co.jp/news/0/102651/

新型インサイトがプリウスに真っ向勝負!。

新型インサイト皆さんの評価は?

新型インサイト情報【パリサロン08@インサイト・コンセプトのすべて】


インサイト・コンセプト発表!

新型インサイトのすべて(評価値引きインプレッション納車etc)が知りたい!


でもその前にポチッと【ランキング】チェック!応援よろしくです♪


インサイト1.jpg インサイト2.jpg

初代インサイトの登場から約10年、ホンダが2代目インサイトで攻めの姿勢を

見せましたね。

これによりトヨタとのハイブリッドカー全面戦争が勃発しそうです。

新型インサイトの最大の武器は価格だといわれています。

ライバルのプリウスよりもシンプルで低コストなホンダIMAの持ち味を最大限に

活かし、以前から200万円以下に抑えられることは発表されていますね。

新型インサイトのボディサイズは全長4375mm×全高1425mm×全幅1695mm

と5ナンバーサイズなのもポイントです。

販売目標は年間20万台というあたりにも気合いが感じられますね♪

新型インサイトはカタログ上の燃費数値競争ではなく、実用燃費の良さと

コストパフォーマンス、そして走りの楽しさでプリウスと勝負ですね!

新型インサイトの皆さんの評価は?

◎関連情報URL◎
http://www.carview.co.jp/news/0/84159/
http://www.carview.co.jp/news/0/83965/
http://www.carview.co.jp/news/0/83960/
関連コメント&トラックバック大歓迎です♪♪

フリード(FREED)のすべて【フリード(FREED)@正式デビュー!】


ホンダフリード(FREED)がデビュー!

ホンダフリードのすべて(評価値引きインプレッション納車etc)が知りたい!


でもその前にポチッと【ランキング】チェック!応援よろしくです♪


FREED200805291.jpg FREED200805292.jpg

噂のホンダフリード(FREED)が5月29日ついに登場しましたね!

モビリオ&モビリオスパイクの後継車ですが、多人数乗車のコンパクト

ミニバンっていうコンセプトは引き継がれているもののイメージは一新、

なかなかスタイリッシュでカッコイイ!

ホンダフリード(FREED)のスタイリングはAピラーからフロントフェンダー

にかけてラインがウェッジの効いたシャープなデザインとなっていますね。

そしてフロントフェンダーからリアドアにかけてのキャラクターラインも

ポイント。

シートは5人乗り、7人乗り、8人乗りがラインナップされ、2列シートの

5人乗り「フレックス(FREX)」はモビリオスパイクの後継車ですね。

搭載エンジンはフィットRSと同じ1.5L(L15A型)、トランスミッションも

新型フィットと同じトルコン付CVTが搭載されています。

何はともあれ「ホンダフリード(FREED)」ジャストサイズで単純にカッコイイ!

昨年のフィットに引き続き、大ヒットの予感がします。

ホンダフリード(FREED)、皆さんの評価は?

◎関連情報URL◎
http://www.carview.co.jp/news/0/73266/
http://www.carview.co.jp/news/0/73265/
http://www.carview.co.jp/news/0/73263/
関連コメント&トラックバック大歓迎です♪♪

アキュラ情報【新型アキュラ「TSX」発表!】


新型アキュラ(ACURA)「TSX」発表!


その前にポチッと【ランキング】チェック!


ACURA TSX.jpg

アキュラ(ACURA)「TSX」といえば、日本のアコードセダンがベースですよね。

新型が3月のニューヨークショーで発表されます♪

「TSX」はアキュラのエントリーモデルのセダンとして、従来から高い評価を

得ているモデルですが、新型アキュラ(ACURA)「TSX」は、今後のアキュラ

ブランドの方向性を示すセダンモデルとなり、走行性能、スタイル、安全・

環境性能をさらに進化させているといいます。

アメリカでの発売は今春が予定されているそうですよ!

日本ではセダン市場は、いまいちパッとしませんがアメリカはやっぱ違う

のですね・・・日本のメーカーも力の入れようが違います(^^;;

それにしてもホンダのアコードシリーズって指向地によっていろんな

バリエーションがあり、ややこしい・・・と思うのは私だけ。。。?
アキュラ「TSX」、皆さんの評価は?

☆★関連記事URL★☆
http://www.carview.co.jp/news/0/67831/
http://www.carview.co.jp/news/0/65616/
http://www.carview.co.jp/news/0/65613/

関連コメント&関連トラックバック大歓迎です♪♪

アコード情報【欧州アコード写真&概要発表!】


欧州アコードの写真と概要が発表されました!


その前にポチッと【ランキング】チェック!


EU ACCORD1.jpg EU ACCORD2.jpg

3月のジュネーブショーで正式発表される欧州アコードですが、セダンボディ

それに先駆けて「アコード」とワゴンボディの「アコードツアラー」の詳細写真が

公開されましたね(・∀・)!!!!!

全体的にオーソドックスなデザインで少々拍子抜け(^^;

でもまあ、個人的に結構んじゃないかなーなんて思ってます。

北米アコード=インスパイアよりゼンゼンOK!

(そもそも全然違うモデルか・・・(爆))

メカニズムでは次世代排出ガス基準「Euro5」をクリアするクリーンな排出ガス

性能を誇るといわれるディーゼルエンジンの2.2リッター「i-DTEC」に興味津々

です♪

ボディサイズは、セダンが全長4725×全幅1840×全高1440mm。

アコードツアラーが全長4740×全幅1840×全高1470mm。

日本でもちょうど良いサイズだと思いますが・・・

欧州アコード皆さんの評価は?

☆★関連記事URL★☆
http://www.carview.co.jp/news/0/65612/
http://www.carview.co.jp/news/0/65608/

関連コメント&関連トラックバック大歓迎です♪♪

アコード情報【新型欧州アコード&アコードツアラー発表!】


新型欧州「アコード」&「アコードツアラー」が発表されますよ!


その前にポチッと【ランキング】チェック!


accord2008 2.jpg accord2008.jpg

開幕されるジュネーブモーターショー2008で新型欧州向け「アコード」と

ワゴンモデルの「アコードツアラー」が発表されます!

昨年のフランクフルトモーターショーですでにアコードツアラー"コンセプト"は

発表されていましたが、市販型はどのようなデザインになるのでしょうか?

アコードツアラーらしきティザー画像が公開されていますが、"コンセプト"通り

のデザインで登場すれば非常にスタイリッシュなモデルになりますね♪

搭載されるエンジンは、すべて2009年施行予定の“EURO5”に適合する、

2.0L&2.4Lのi-VTECガソリンエンジンと、注目の2.2リッターi-DTECディーゼル

エンジンの3種類だそうです♪

発売は2008年前半だそうですが、日本国内モデルはどうなるのだろうか・・・?

☆★関連記事URL★☆
http://www.carview.co.jp/news/0/65608/
http://www.carview.co.jp/news/0/65353/
http://www.carview.co.jp/news/0/65352/
http://www.carview.co.jp/news/0/65349/

関連コメント&関連トラックバック大歓迎です♪♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。