フォレスター(FORESTER)がマイチェン!【フォレスター@マイチェン評価】


スバル・フォレスター(FORESTER)がマイナーチェンジ!
マイナーチェンジしたフォレスター(FORESTER)の実力は如何に。。。
新型フォレスターのすべて(評価値引きインプレ納車etc)が知りたい!


でもその前にポチッと【ランキング】チェック!応援よろしくです♪


20101025_forester.jpg 20101025_FB20.jpg

スバルの売れ筋SUVフォレスターが、新エンジンを搭載して大幅なマイナーチェンジを実施しました!
今回のマイナーチェンジ最大のトピックスは21年ぶりに登場した新世代ボクサーエンジン『FB20』ですねぴかぴか(新しい)

FB型は従来のEJ型と比較してロングストローク設計になっていてEJ型で物足りなかった実用トルク増大と実用燃費もグッと良くなっているでしょう手(チョキ)
残念?ながらターボのほうは従来通りのEJ20が使われるそうです・・・

エンジン意外にもサスペンションの見直しや外観ではフロントグリルが変更になっていますね。
すべてにおいて進化したフォレスターですが、個人的に気になるのは2リッターモデルのATが4速のままってことでしょうか・・・バッド(下向き矢印)

◎関連情報URL◎
http://www.carview.co.jp/green/news/0/1878/

日産エクストレイルとのガチンコ対決が楽しみです。
新エンジン搭載で魅力を増した新型フォレスター
皆さんの評価は?

新型レガシィのすべて!【フルモデルチェンジ@レガシー評価】


レガシィがフルモデルチェンジしました!
スバルの最重要モデルでもある新型レガシーの実力は如何に。。。
新型レガシィのすべて(評価値引きインプレ納車etc)が知りたい!


でもその前にポチッと【ランキング】チェック!応援よろしくです♪


新型レガシー2009年5月20日正式に日本国内モデルが発表されました!
5代目となる新型レガシィですが先代からは6年ぶり、そして1989年の初代モデルデビューからちょうど20年目のフルモデルチェンジとなりますね。

新型レガシーの大きな特徴として車格がアップしたことでしょうか。
ボディサイズは全長4775mm×全幅1780mm×全高1535mmでホイールベースは2750mm。
3代目まで5ナンバーサイズを守り抜いてきたレガシィでしたが、先代から3ナンバーサイズとなったことでレガシーファンのなかでも賛否両論がありましたね。
新型レガシーはさらに大きくなって登場しました。

そんな新型レガシィですが、ひと目見てレガシーと分かるデザインは健在。
でも個人的に残念なのは歴代レガシィのデザイン上での特徴でもあったサッシュレスドアから一般的な一般的なプレスドアになってしまったコト。
特にツーリングワゴンはDピラー?がボディ同色となった為、今までのレガシーワゴンとは雰囲気が違いますねぇ。。。
◎関連情報URL◎
http://www.carview.co.jp/news/0/108494/
http://www.carview.co.jp/news/0/108490/

新型レガシィ皆さんの評価は?

新型レガシィがデビュー!【09NYショー@新型レガシーのすべて】


新型レガシーが2009NYショーで正式デビューです!

新型レガシィのすべて(評価値引きインプレ納車etc)が知りたい!

でもその前にポチッと【ランキング】チェック!応援よろしくです♪

newLEGACY_09040101.jpg newLEGACY_09040102.jpg

新型レガシィが5月の日本国内デビューに先駆けて4月のニューヨークショーに出展すると発表されましたね。
5代目新型レガシーは、デザイン、パッケージ、パワートレインなどすべてが刷新されました。テーマはプレゼンス(存在感)だそうです。
レガシィコンセプト同様に安定感あるフォルムを始め張り出したホイールアーチや、サイドビューを引き立てるキャラクターラインがスポーティなイメージをアップしていますね。

新型レガシィ北米仕様のボディサイズは、全長4735mm×全幅1820mm×全高1505mm、ホイールベース2750mmとやや大型化されています。
エンジンは、2.5リッターNA(170hp)、2.5リッターターボ(265hp)、3.6リッターNA(256hp)の3タイプが設定。2.5リッターNAには、待望の新開発のCVT「リニアトロニック」が採用されています。

日本仕様はどうなるのか?ツーリングワゴンも気になります。
個人的には個性的なフロントマスクが好き嫌い分かれそうですね。
従来型のマッシブなスタイルが気に入っていた方も多いのでは・・・。
5月の日本でビューが待ち遠しいですね。

◎関連情報URL◎
http://www.carview.co.jp/news/0/105700/
http://www.carview.co.jp/news/0/105688/

スバルの最重要モデルレガシー。新型レガシィ皆さんの評価は?

レガシー情報【レガシィ"tuned by STI"登場!】


レガシーについての気になる情報をチョイス。

レガシー情報のご参考にして下さい♪

REGACY新車新型中古車試乗値引き評価etc・・・

STI画像1.jpg STI 画像2.jpg

レガシィ“tuned by STI”デビュー!

スバルテクニカインターナショナル(STI)からレガシィツーリングワゴンと

B4の特別仕様車“tuned by STI”が設定されました♪


tuned by STIは、おなじみ「2.0GT spec.B」をベースにシャシーの仕様や

パワーユニット制御の変更など、従来モデルよりさらに踏み込んだチューニン

グが施されています!


レガシィ“tuned by STI”の「シャシーチューニング」内容〜♪

○STIが新開発したフレキシブルタワーバーの標準装着

○専用ビルシュタイン製ダンパー&専用チューニングコイルスプリングの採用

○ブレンボ製のF対向4ポットキャリパーとR対向2ポットキャリパーの採用


レガシィ“tuned by STI”の「パワーユニットのチューニング」内容〜♪

○電子デバイスのプログラム変更によるアクセル操作に対するレスポンス向上

○二重構造のテールエンドを持つスポーツマフラーの装着。


レガシィ“tuned by STI”の「エクステリア」のチューニング」内容〜♪

○STI製フロントアンダースポイラー&トランクスポイラー(B4のみ)の装着


レガシィ“tuned by STI”の「タイヤ&ホイール」内容〜♪

○ポテンザ RE-050Aの採用

○新デザイン18インチアルミホイールの装備

などなど・・・(^^)/


数多くの渋〜いチューニング内容がスバルらしいです!

レガシーファンにはとっても気になるモデルですね♪

今後もレガシーの情報をお届けします♪

関連記事URL
http://www.carview.co.jp/news/0/46970/


☆★お知らせ★☆
人気blogランキングへ参加中です。
まだまだ下位ですが、あなたのチカラで人気ブログにしてみませんか?
あなたに育てていただくブログです♪
レガシーファンの皆さんポチッ応援とよろしく!m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓
banner_03.gif


自動車大好きサラリーマン@自動車なんでも情報局】by管理人@ねんねん

相互リンク&トラックバック大歓迎です♪♪

レガシー情報【レガシィ"tuned by STI"登場!】

インプレッサ情報-その3【2007新型インプレッサデビュー!】


インプレッサについての気になる情報をチョイス。

インプレッサ情報のご参考にして下さい♪

imprezaWRX・STI・WRC情報新車新型中古車試乗値引き評価etc・・・

inpreza画像1.jpg inpreza画像2.jpg

スバル・インプレッサ(IMPREZA)が5年半ぶりにフルモデルチェンジしました!

新型インプレッサの最大のトピックスは、これまでの4ドアセダン主流ではなく、

5ドアハッチバックをメインで3ナンバーボディーに生まれ変わったことですね♪

5ドアが主体と言うことで、欧州での市場をメインと捉えているのでしょう。


グレード構成も非常にシンプルになり、現状3グレードの構成。

○15S(1.5L・NA/110ps・14.7kg・m)

○20S(2.0L・NA/140ps・19.0kg・m)

○S-GT(2.0L・TURBO/250ps・34.0kg)

WRXの名称は消滅したね・・・


新型インプレッサをめぐってはスバリスト達の中でも賛否両論がありました(^^;;

しかし新型インプレッサは、ベースグレードでも、従来はどちらかと言うと

野暮ったいスタイルから、欧州車的なスタイルへと変わり個人的にはイイと

思います!


従来の「WRX-STIver」ありきのインプから、脱却出来るのではないでしょうか?

注目の新型インプレッサSTIバージョンは、10月の登場と言われています。

5ドアがベースとなり、新型インプの特徴でもあるショートオーバーハング&

ロングホイールベースを活かし、WRCをはじめモータースポーツの世界での

活躍が期待されますね!


ところで新型インプのCMキャラに妻夫木(ツマブキ)聡が起用されていますね。

CMの楽曲はポルノグラフィティ9カ月ぶりの新曲CDシングル「リンク」。

新型インプレッサは女性にも人気が出るかなー!

今後もインプレッサの情報をお届けします♪

関連記事URL
http://www.carview.co.jp/news/0/39623/
http://www.carview.co.jp/news/0/39392/
http://www.carview.co.jp/news/0/39368/


☆★お知らせ★☆
人気blogランキングへ参加中です。
まだまだ下位ですが、あなたのチカラで人気ブログにしてみませんか?
あなたに育てていただくブログです♪
新型インプなかなかイイじゃん♪と思ったらポチッとよろしく!m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓
banner_03.gif


自動車大好きサラリーマン@自動車なんでも情報局】by管理人@ねんねん

相互リンク&トラックバック大歓迎です♪♪

インプレッサ情報-その3【新型インプレッサデビュー!】

トライベッカ情報-その1【スバル・トライベッカ@ビッグチェンジ!】


トライベッカについての気になる情報をチョイス。

トライベッカ情報のご参考にして下さい♪

SUBARU TRIBECA試乗燃費値引き評価etc・・・

tribeca画像.jpg

スバル・トライベッカがビッグマイナーチェンジ!

2008年モデルとしてニューヨークモーターショーで発表されました!

スバル・トライベッカは、「革新的SUV」という基本コンセプトはそのままに、

@デザイン

A運動性能

B快適性と機能性

の進化を目指し改良されての登場です。


デザインについて、スバル・トライベッカの08年モデルでは特徴的であった

「スプレッドウイング」グリルを捨て、SUVらしい大型のグリルへと変更(^^;;

そのおかげ?で典型的なSUVらしいフロントデザインとなり、より幅広い

ユーザーの獲得を実現できそうですね♪


運動性能についての最大のトピックスは3.6Lボクサー6エンジンの採用です!

boxer6_3.6.jpg

エンジンのサイズはそのままにボアとストロークを拡大。

それでいて燃費は従来モデル並みをキープ。

従来の3.0リットルでは非力だっために、6気筒でやれるところまでやったのが

今回の3.6Lエンジンだそうです。


この3.6Lボクサー6エンジンは相当魅力的ですね!

3.6Lボクサー6エンジンといえばポルシェが思い浮かびます(^^)/

いよいよスバルの水平対向エンジンもここまで来たかーって感じですね。

3.0Lでも評価の高かったボクサー6エンジンでしたが、新型3.6Lボクサー6

エンジンをレガシーに搭載する計画はないのでしょうか?

いや、ぜひ実現させてほしいものです!


今後もトライベッカの情報をお届けします♪

関連記事URL


☆★お知らせ★☆
人気blogランキングへ参加中です。
まだまだ下位ですが、あなたのチカラで人気ブログにしてみませんか?
あなたに育てていただくブログです♪
3.6Lボクサー6をレガシーに搭載希望!と思ったらポチッとよろしくですm(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓
banner_03.gif


自動車大好きサラリーマン@自動車なんでも情報局】by管理人@ねんねん

相互リンク&トラックバック大歓迎です♪♪

トライベッカ情報-その1【スバル・トライベッカ@ビッグチェンジ!】

インプレッサ情報-その2【ニューヨークショー@新型インプレッサデビュー!】


インプレッサについての気になる情報をチョイス。

インプレッサ情報のご参考にして下さい♪

imprezaWRX・STI・WRC情報新車新型中古車試乗値引き評価etc・・・

impreza画像1.jpgimpreza画像2.jpg

新型インプレッサがニューヨークオートショーでデビューです!

インプレッサもいよいよ3代目にモデルチェンジ。

先代までに存在したスポーツワゴンが廃止され、4ドアセダンと5ドアハッチ

バックの2モデルとなりました。

新型インプレッサの開発コンセプトは「新快適スタイル」。

先代までのイメージを捨て新たなチャレンジです。

今回発表されたモデルは、いわばインプレッサの基準モデルですね。

すっきりデザインでなかなかイイのではないでしょうか?

そして真打ち「インプレッサWRX STIバージョン」は、どんなスペックとデザイン

で登場するのか?


新型インプレッサWRX STIバージョンは、10月頃の登場と関係雑誌などで

噂されていますね♪

ランエボとの対決が今から楽しみです!

でも、個人的にはインプレッサが「STIバージョン」ありきのモデルになっている

ことが少々気がかりではあります・・・(^^;;

過去のスカイラインのようにならなければいいのですが。。。

今後もインプレッサの情報をお届けします♪

関連記事URL
http://www.carview.co.jp/news/0/34505/
http://www.carview.co.jp/news/0/34500/
http://www.carview.co.jp/news/0/34419/
http://www.carview.co.jp/news/0/34405/
http://blog.kuruten.jp/tubame/1781


☆★お知らせ★☆
人気blogランキングへ参加中です。
まだまだ下位ですが、あなたのチカラで人気ブログにしてみませんか?
あなたに育てていただくブログです♪
新型インプでWRC制覇!と思ったら応援よろしく!m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓
banner_03.gif


自動車大好きサラリーマン@自動車なんでも情報局】by管理人@ねんねん

相互リンク&トラックバック大歓迎です♪♪

インプレッサ情報-その2【ニューヨークショー@新型インプレッサデビュー!】

インプレッサ情報-その1【インプレッサ@スバル】


【スバルインプレッサ@スバル】についての気になる情報をチョイス。

【スバルインプレッサ@スバル】情報のご参考にして下さい♪

インプレッサWRXSTIWRC新型中古車納車値引き試乗燃費評価etc・・・

RAR.jpg

11月15日「インプレッサWRX STIスペックCタイプRA-R」をスバルテクニカイン

ターナショナル(STI)が発売します!


STIによるインプレッサシリーズ、最もスパルタンなチューニングを施した特別

仕様車です。

このインプレッサWRX STIスペックCタイプRA‐Rはカタログモデルではなく、

「S204」と同じくSTIのコンプリートモデルとして発売されます。


そのチューニング内容はかなり刺激的です♪

ターボはタービン径を大型化したボールベアリングタービンを装着。

スポーツタイプのECUや高効率タイプの給排気系。

その結果、最高出力320ps/6400r.p.m.,最大トルク44.0kg-m/4400r.p.m.を実現!

常用回転域の出力特性や低回転域から十分なトルクがスムーズに発生する

よう、過渡特性にも配慮したセッティングとしているらしい。

ターボとはいえ2リッターでこの数値はホント凄いですね(^^)v

そして注目のブレンボ製の専用モノブロック対向6ポットFブレーキキャリパー!

サスペンションやタイヤホイールなども専用品が奢られており

価格は428万4000円也


インプレッサWRX STIスペックCタイプRA‐R気合入りまくりです

それにしてもグレード名とっても長いですね・・・(^ ^ ;

大人の走りを目指した「S204」とは対照的に走りに特化した、インプレッサWRX

STIスペックCタイプRA‐Rは300台の限定販売。

インプレッサファンにはとても気になるニュースですね!


今後もインプレッサの情報をお届けしていきたいと思います♪

関連記事URL
http://www.carview.co.jp/news/0/25373/
http://www.carview.co.jp/news/0/25071/
http://www.carview.co.jp/news/0/25028/
http://carlife.news.livedoor.com/detail/?id=29384


☆★お知らせ★☆
人気blogランキングへ参加中です。
まだまだ下位ですが、あなたのチカラで人気ブログにしてみませんか?
あなたに育てていただくブログです♪
スバルインプレッサと同じく応援よろしくですm(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓
banner_03.gif


自動車大好きサラリーマン@自動車なんでも情報局】by管理人@ねんねん

相互リンク&トラックバック大歓迎です♪♪

インプレッサ情報-その1【インプレッサ@スバル】

スバル/富士重工業株式会社【スバル-情報】


ようこそ!【自動車大好きサラリーマン@自動車なんでも情報局】へ!!

================================

富士重工業(ふじじゅうこうぎょう、FHI)は、日本の重工業メーカーの

ひとつ。「スバル(SUBARU)」のブランド名で自動車などを製造している。

通称「富士重工」、「富士重(ふじじゅう)」とも。

英訳名は、Fuji Heavy Industries Ltd.(英略称はFHI)。


1999年12月からゼネラルモーターズ(GM)と資本・業務提携をしていたが、

2005年10月5日に、ゼネラルモータースが保有する富士重工株20%を

すべて放出、そのうちトヨタ自動車が8.7%を買い取り筆頭株主となった。

今後は富士重工とトヨタが資本・業務提携する。



ゼネラルモーターズグループのスズキと、軽自動車の部品の共通化などを

すすめてきていたが、今後はトヨタ及びトヨタ傘下のダイハツ工業との

共通化が進むと推測される。

ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

================================

SUBARU オフィシャルWEBサイト
スバルの自動車事業部門。車種紹介、モータースポーツ情報等。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。